投資信託116

投資信託の分類方法が2009年から見直しへ

投資信託116投資信託ニュース>投資信託の分類方法が2009年から見直しへ




今までの投資信託は、投資対象と投信の名称・分類が必ずしも一致していなかったため、購入する際にわかりにくいという指摘が、以前からありました。

現在の投資信託は、株式を組み入れるかどうかで、株式投信と公社債投信に大きく分類されます。

実際の運用がほとんど債券だけであっても、株式をほんの少しでも組み入れていた場合は、株式投信に分類されます。

つまり、実体は公社債投信であるにもかかわらず、分類と表記は株式投信になってしまうのです。

これを改善するため、(社)投資信託協会によって、投資信託の分類方法を2009年1月から、改めることになりました。

投資信託の新しい分類について

1)分類方法

下表のように、投資信託の販売方法、地域、資産の3つで、それぞれ明確な区分が設けられます。

販売方法 1.単位型(ユニット型) 2.追加型(オープン型)
投資対象
地域
1.日本 2.海外 3.内外(日本と海外)

また対象地域は、次の10地域別に細かく表記されます。
・グローバル ・日本 ・北米 ・中東 ・ヨーロッパ ・中近東
・アフリカ ・アジア ・オセアニア ・エマージング
(エマージングとは、成長の余地を多く残した新興国のこと)
投資対象
資産
1.株式 2.債券 3.不動産 4.その他資産(*) 5.資産複合(*)
(*)には、具体的な投資対象が表記されます。

また、それぞれの投資対象資産の表記は、50%が区分の目安になっています。
例:債券55%、株式45%の割合であれば、債券と表記されます。

分類は、販売方法・投資対象地域・投資対象資産の順で表記されます。

例えば、現在日本で一番有名な投資信託である、
グローバル・ソブリン・オープンの分類は、

従来の「追加型株式投資信託・バランス型」から
「追加型・内外・債券」に分類が変更になります。

2)新しい分類方法の開始

すでに販売されている投資信託は、すぐに新しい分類方法に、直されるわけではなく、2009年末までに新しい分類による表記に、順次変更するよう義務化されています。

また、2009年1月以降に設立(販売)される投資信託は、初めから新しい分類による表記になります。

このため、2009年の1年間は、2つの表記が混在することになるので、少し戸惑うかもしれません。目論見書やパンフレットをよく見て、内容をよく確かめておく必要があります。





<投資信託ニュース 一覧>
米国の大手保険会社AIGが融資枠契約に調印
米国大手リーマン・ブラザーズの破産申請
三菱UFJ投信が9月にETFを上場
金ETFが東京証券取引所に上場
世界中の先進国の株式に投資する投信が販売
オーストラリア株式のアクティブファンドの販売
・投資信託の分類方法が2009年から見直しへ
1万円台から購入できるETFが登場!
2008年7月の投資信託の状況
カテゴリー別|投資信託の成績リスト9月
投資信託ニュース
投資信託の基本
投資信託のメリット|リスク
投資信託の種類
投資信託を選ぶ
投資信託を買う
投資信託を売る
主なネット証券
投資信託の情報源
投資信託Q&A
サイトマップ
Copyrights(c) 2008 投資信託116 All Rights Reserved