投資信託116

オーストラリア株式のアクティブファンドの販売

投資信託116投資信託ニュース>オーストラリア株式のアクティブファンドの販売




農産物や鉱物資源の輸出で注目され、経済発展が続いているオーストラリアを、投資対象にした投資信託が販売されました。

オーストラリアだけを対象にした投資信託は、日本では初めてで、今回販売されるのは、インベスコ投信投資顧問の「インベスコ・オーストラリア株式ファンド」です。

インベスコ・オーストラリア株式ファンド

1)概要
オーストラリアS&P/ASX300指数を超える運用益を目指す、アクティブ型の株式投資信託です。
この指数は、オーストラリアの上場株式の中で、時価総額が上位300の銘柄を加重平均で指数化したものです。

2)投資システム
この株式ファンドは、ベビーファンドになり、マザーファンドは「インベスコ・オーストラリア株式マザーファンド」になります。

複数のベビーファンドの資金を1つにまとめ、マザーファンドで運用する方式をファミリーファンドといいます。詳細については、ファミリーファンドをご覧ください。

3)分配金
分配金の受取りは、1年間に4回あり、2月、5月、8月、11月の各20日の決算後になります。

4)販売会社
マネックス証券、楽天証券、オリックス証券などです。

オーストラリアの現状

オーストラリアは、農産物の生産と鉱物資源に恵まれており、これらの世界的な需要が増えるにつれて、輸出が拡大しています。

小麦や牛肉などの農産物は、過去10年間で約70%も輸出量がのび、特に米国で牛肉のBSEの問題があってからは、需要はますます大きくなっています。

また、ニッケル、鉄鉱石、銅などの鉱物資源の埋蔵量が豊富で、世界的な資源高の影響で、貿易黒字が拡大しています。

このような中、オーストラリアの経済は毎年確実に発展し、失業率の低下や賃金の上昇など雇用環境も順調です。
このため、オーストラリアの株式市場も安定して上昇しています。





<投資信託ニュース 一覧>
米国の大手保険会社AIGが融資枠契約に調印
米国大手リーマン・ブラザーズの破産申請
三菱UFJ投信が9月にETFを上場
金ETFが東京証券取引所に上場
世界中の先進国の株式に投資する投信が販売
・オーストラリア株式のアクティブファンドの販売
投資信託の分類方法が2009年から見直しへ
1万円台から購入できるETFが登場!
2008年7月の投資信託の状況
カテゴリー別|投資信託の成績リスト9月
投資信託ニュース
投資信託の基本
投資信託のメリット|リスク
投資信託の種類
投資信託を選ぶ
投資信託を買う
投資信託を売る
主なネット証券
投資信託の情報源
投資信託Q&A
サイトマップ
Copyrights(c) 2008 投資信託116 All Rights Reserved