投資信託116

2008年7月の投資信託の状況

投資信託116投資信託ニュース>2008年7月の投資信託の状況




2008年7月末時点での投資信託の、設定、解約、償還、純資産総額をそれぞれのカテゴリーごとに、表にまとめました。
数値は、(社)投資信託協会の投資信託概況のデータです。

7月は、東京証券取引所の株価が1万3000円弱〜1万3500円の範囲で、迷走していたにも関わらず、株式投信の純資産総額は、約3600億円以上伸びています。また、MMFも約260億円以上の伸びになっています。

その反対に、公社債投信の人気は今ひとつで、全体で約2800億円減少になっています。

投資信託全体と株式、公社債、MMFの個別データ

<投信全体の資金の変化>
7月末の金額 6月末(前月)との比較
設定額 5兆2117億円 合計で、
3495億円の増加
解約額 4兆8480億円
償還額 141億円
純資産総額 73兆1548億円 1108億円の増加
*償還・・・信託期間(=運用期間)を、終了したときのことです。
*純資産総額
  ・・・投信の時価総額から、手数料(コスト)を差し引いたもので、
     その投信がどのくらいの規模(資金量)なのかがわかります。

1)株式投信

7月末の金額 6月末(前月)との比較
設定額 1兆7021億円 合計で、
6014億円の増加
解約額 1兆866億円
償還額 141億円
純資産総額 60兆9539億円 3627億円の増加

2)公社債投信(MMFを除く)

7月末の金額 6月末(前月)との比較
設定額 3兆3621億円 合計で、
2780億円の減少

[ 減少の内訳 ]
長期公社債投信が−71億円
中期国債ファンドが−22億円
短期決済Fが−8億円
マネーリザーブFが−3036億円
その他の公社債が+358億円
解約額 3兆6402億円
償還額 0億円
純資産総額 9兆3930億円 2781億円の減少

3)MMF

7月末の金額 6月末(前月)との比較
設定額 1473億円 合計で、
262億円の増加
解約額 1211億円
純資産総額 2兆8078億円 262億円の増加
*MMF
  ・・・短期で運用される、安全性の高い各国の国債や政府発行債、
     公社債などのことです。





<投資信託ニュース 一覧>
米国の大手保険会社AIGが融資枠契約に調印
米国大手リーマン・ブラザーズの破産申請
三菱UFJ投信が9月にETFを上場
金ETFが東京証券取引所に上場
世界中の先進国の株式に投資する投信が販売
オーストラリア株式のアクティブファンドの販売
投資信託の分類方法が2009年から見直しへ
1万円台から購入できるETFが登場!
・2008年7月の投資信託の状況
カテゴリー別|投資信託の成績リスト9月
投資信託ニュース
投資信託の基本
投資信託のメリット|リスク
投資信託の種類
投資信託を選ぶ
投資信託を買う
投資信託を売る
主なネット証券
投資信託の情報源
投資信託Q&A
サイトマップ
Copyrights(c) 2008 投資信託116 All Rights Reserved