投資信託116

投資信託の基準価格とは

投資信託116投資信託の基本>投資信託の基準価格とは


基準価格とは

基準価格とは、投資信託の純資産総額を口数で割った金額のことで、正しくは「基準価額」といいます。(通常は、基準価格と呼ぶことが多い)

投資信託を売買するときは、口数単位で取引ができ、1口1円の場合もあれば、1口1万円の場合もあります。

最近は、1口1万円のケースが多く、最低1口から売買できるケースがほとんどです。つまり、基準価格1万円から投資信託を、始めることができるわけです。

この基準価格は、次の式で計算できます。

基準価格=純資産総額÷受益権口数

この式の受益権とは、投資信託の収益を受け取ることができる権利のことです。
別に難しく考える必要はなく、投資信託を1口買えば、その1口に対する収益は、必ずもらえるということです。

投資信託を購入するときは、口数単位での購入の他に、希望の金額で購入する金額指定買付け、毎月一定の金額を購入する積立買付けなどがあります。

基準価格が決まるのは?

投資信託は、複数の株式や債券に分散投資しているため、一般の株取引のようにリアルタイムで、売買の価格(基準価格)はわかりません。

具体的には、基準価格は投資信託ごとに、毎日、運用会社によって、発表されています。発表された基準価格によって、一体いくらで投資信託を売買できるかががわかります。

基準価格が決まる時間は、投資信託に組み込まれている、投資対象によって違ってきます。

例えば、日本の株式や債券が投資対象であれば、国内の証券取引所の取引が終了する、午後3時に基準価格の計算が開始され、その日の夕方に決定します。

また、海外の株式や債券などが、投資の対象であれば、海外の証券取引所の終値によって計算されます。
つまり、投信は前日に決まった基準価格で、売買することになります。

これらの決定された基準価格は、インターネットや翌日の日経新聞の朝刊で、確認することができます。

ただし、日経新聞では主要な投資信託のみの掲載ですから、それ以外のものは、取引先のサイト上での確認になります。


・基準価格は、投資信託を購入するときの値段のこと
・基準価格は、売買の前日に決定した値段で、1日変わらない





<投資信託の基本 一覧>
投資信託とは1
投資信託とファンドの違い
投資信託の売買
・投資信託の基準価格とは
投資信託の分配金は2種類
投資信託の償還とは
投資信託とは2
投資信託の運営・管理
投資信託の純資産総額とは
投資信託の分売金とは
毎月分配型の投資信託
ポートフォリオとは
投資信託ニュース
投資信託の基本
投資信託のメリット|リスク
投資信託の種類
投資信託を選ぶ
投資信託を買う
投資信託を売る
主なネット証券
投資信託の情報源
投資信託Q&A
サイトマップ
Copyrights(c) 2008 投資信託116 All Rights Reserved