投資信託116

投資信託とファンドの違い

投資信託116投資信託の基本>投資信託とファンドの違い



実際に投資信託を購入したり、いろいろ情報を収集するときに必ず耳にするのが「ファンド」という言葉です。

銀行や証券会社の窓口でも、投資信託のことをファンドということが多く、多くの方は投資信託ファンドは、まったく同じ意味だと理解することが多いようです。

しかし正確には、投資信託とファンドは全く同じ意味ではなく、ファンドの中の1つが投資信託というのが正しいのです。

投資信託

投資信託だけをみると、大きく分けて「公募投資信託」と「私募投資信託」の2つがあります。

公募投資信託は、証券会社や銀行で広く一般に、投資家を募集するもので、このサイトでも、この公募投資信託について解説しています。

また私募投資信託は、まとまった資金を用意できる、機関投資家や資産家を対象としたもので、一般の人に知られていないものがほとんどです。

*機関投資家とは、
多額の資金を元手に、利益を上げるために株式や債券の運用を、行っている法人のことをいいます。代表的な機関投資家には、年金基金、投資顧問、生損保会社などがあります。

ファンド

一方ファンドというのは、投資家からの資金を運用会社が、投資家に代わって運用する金融商品であることは、投資信託と同じです。

しかし、ファンドの場合は、投資の対象が幅広いのが特徴で、単に株式や債券、為替に限らずもっと多くの金融商品があります。

例えば、投資家から資金を募り、その資金で本を出版し、本の売れ行きに応じた利益を分配するケースもファンドと呼ばれ、この場合は、「ブックファンド」と呼ばれています。

本以外でもゲームソフトや映画、音楽、アイドルなどもファンドの対象となります。
米国のハリウッド映画を作る場合も、10億円単位の制作費を用意するために、ファンドを募集することが、よく行なわれています。

映画が大ヒットして、興行収入が多額になれば、それに見合ったリターンが投資家に還元されます。逆に、映画があまりヒットしなければ、その分リターンも少なくなります。

少しわかりにくいかもしれませんが、投資の対象となるファンドの1つとして、投資信託があると憶えておくとよいでしょう。


投資信託とファンドの違い ポイント

・投資信託→ファンドの1つで、金融商品が投資対象
・ファンド→金融商品だけでなく、あらゆるものが投資対象






<投資信託の基本 一覧>
投資信託とは1
・投資信託とファンドの違い
投資信託の売買
投資信託の基準価格とは
投資信託の分配金は2種類
投資信託の償還とは
投資信託とは2
投資信託の運営・管理
投資信託の純資産総額とは
投資信託の分売金とは
毎月分配型の投資信託
ポートフォリオとは
投資信託ニュース
投資信託の基本
投資信託のメリット|リスク
投資信託の種類
投資信託を選ぶ
投資信託を買う
投資信託を売る
主なネット証券
投資信託の情報源
投資信託Q&A
サイトマップ
Copyrights(c) 2008 投資信託116 All Rights Reserved