投資信託116

投信|ファミリーファンド

投資信託116投資信託の種類>投信|ファミリーファンド


ファミリーファンドとは

複数の投資信託(ベビーファンド)で集めた資金を1つにまとめ、それをマザーファンドと呼ばれる投信で運用することをいいます。

例えば、元本100億円のベビーファンドが5つあり、その元本を1つにまとめ、500億円のマザーファンドを設立して、運用するケースです。

このケースでは、ベビーファンドの5倍の資金が集まり、ベビーファンド単独でできなかった運用方法も可能になり、大きな収益を目指すことができます。

バランスを重視する場合は、ローリスク〜ハイリスクの銘柄をいろいろ組み合わせ、安定的な収益をあげつつ、その一方で高収益をあげることも可能になります。

また、収益に重点をおく場合は、ベトナム、ブラジル、ロシア、中国などの新興国の株式比率を高め、積極的な運用を目指すこともできます。

外国株では、為替変動のリスクが問題になりますが、ベビーファンドで為替ヘッジを利用して、このリスクを小さくすることができます。

為替ヘッジとは、投資信託を購入するときに、前もって売却時の為替レートを決めておくことです。

これによって、投資信託の運用益に、為替変動の影響はなくなります。
ただし、これを利用する場合は、手数料が必要です。

なお、実際のファミリーファンドにおいて、各投資家は直接マザーファンドに投資することはできません。

ベビーファンドに投資することによって、間接的にマザーファンドの運用に参加することになります。

現在、販売されている投資信託も、このベビーファンド方式のものが多く、投信のパンフレットや目論見書には、必ずベビーファンドであることが記載されています。

また、投信の購入者が少ない場合でも、資金量の豊富なマザーファンドで運用されるので、運用成績も期待できます。


・いくつかのベビーファンドを、1つにまとめたのがファミリーファンド
・大きな資金力で、運用の幅を広げることができる





<投資信託の種類 一覧>
投信|単位型と追加型
投信|国内型と国際型(外国型)
投信|バリュー型とグロース型
投信|REIT(不動産投資信託)
・投信|ファミリーファンド
公社債投信と株式投信
投信|インデックス型とアクティブ型
投信|ETF(上場投資信託)
MMF投信
郵便局の投資信託
投資信託ニュース
投資信託の基本
投資信託のメリット|リスク
投資信託の種類
投資信託を選ぶ
投資信託を買う
投資信託を売る
主なネット証券
投資信託の情報源
投資信託Q&A
サイトマップ
Copyrights(c) 2008 投資信託116 All Rights Reserved