投資信託116

投信|インデックス型とアクティブ型

投資信託116投資信託の種類>投信|インデックス型とアクティブ型




運用成績の目標で分けると、投資信託にはインデックス型とアクティブ型の2種類があります。

インデックス型

日経平均株価やTOPIXなど、市場の代表的な指標(インデックス)の動きに連動するように、運用する投資信託をインデックス型といいます。

いくつかの株式の銘柄を選んで、それに投資する方法ではなく、市場全体に分散投資するのがインデックス型です。
上記の2つの指標は、株式市場全体のトレンドを知るのによく使われています。

1)日経平均株価

東京証券取引所の、1部上場企業225銘柄の平均株価を、計算した指標です。

この225銘柄は、いずれも日本の代表的な企業の株式で、売買が活発な(流動性が高い)銘柄です。

2)TOPIX(東証株価指数)

東京証券取引所1部に上場している、全ての銘柄の時価総額を、所定の計算式によって指数にしたものです。

インデックス型の投資信託の運用は、ファンドマネジャーがその都度、株式の売買を指示することはありません。
あらかじめ設定されたプログラムで、自動的に売買される仕組みになっています。

このため、一般の投資信託よりも手数料が安くなっており、初心者にはおすすめの投資信託といえます。

このインデックス型は、もちろん日本の株式市場だけでなく、世界中の株式市場全体の指標(インデックス)を対象にした、投資信託も数多く販売されています。

アクティブ型

アクティブ型は、インデックス型を上回る運用益を目指した投資信託です。
日経平均株価やTOPIXが、1年で10%上昇したとすると、それを超える運用益をだすのが目標です。

運用はファンドマネジャーの入念な調査、分析によって運用され、プログラムによる自動売買ではありません。

このため、信託報酬をはじめその他の手数料が、インデックス型よりも割高になっています。

アクティブ型の投資信託を購入する場合は、過去の運用成績だけでなく、手数料の合計をチェックして、実際に受取る収益がどれだけになるのか、しっかり調べることが大切です。

運用益から手数料を差し引いてみると、結局インデックス型と変わらないか、むしろ悪いケースもありますので。


・インデックス型→日経平均株価やTOPIXの指数(インデックス)など
            市場全体に投資。
           プログラムによる自動売買で、手数料が安い

・アクティブ型→インデックスを超える運用益を目指す
          ファンドマネジャーが運用を行うため、インデックス型よりも
          手数料が高い





<投資信託の種類 一覧>
投信|単位型と追加型
投信|国内型と国際型(外国型)
投信|バリュー型とグロース型
投信|REIT(不動産投資信託)
投信|ファミリーファンド
公社債投信と株式投信
・投信|インデックス型とアクティブ型
投信|ETF(上場投資信託)
MMF投信
郵便局の投資信託
投資信託ニュース
投資信託の基本
投資信託のメリット|リスク
投資信託の種類
投資信託を選ぶ
投資信託を買う
投資信託を売る
主なネット証券
投資信託の情報源
投資信託Q&A
サイトマップ
Copyrights(c) 2008 投資信託116 All Rights Reserved