投資信託116

投資目標を明確に

投資信託116投資信託を選ぶ>投資目標を明確に




投資信託を購入するときに、まず最初に考えたいのが、
「何のために、どのくらいの金額を、いつまで投資する」かということです。

つまり、目的、金額、期間の3つを、はっきりさせることによって、どのような銘柄の投資信託を購入するか絞ることができます。

ただ、儲かりそうだからとか、安くなっているからとかで、安易に購入するのは避けたいものです。

運用目的

投資信託を購入する動機は、その方によって様々な理由があると思います。
例えば、貯金の金利よりもう少し有利で、確実に資産を増やしたい場合は、債券中心の投信が向いています。

また、ある程度資産的余裕ができたので、高い運用益を目指したいのであれば、株式中心の投信が向いています。

その他、年令によって株式投信や公社債投信の比率を、調整することも考えられます。

例えば、20〜30才代では、株式投信の比率を多めにして、運用益重視。40才代以降は、公社債投信の比率を多くして、安定性重視にする方法があります。

人によって、ケースバイケースになりますので、一体何のために投信を利用するのか、その目的を明確にするのは大切なことです。

運用金額

自分が今どれだけの資産を持っているのかを、正確に把握する必要があります。投資信託は、元本保証された金融商品ではなく、時には元本割れのリスクもあります。

全体の資産を考えて、必ず余裕のある金額のみを、投信の購入にあてましょう。
間違っても、生活に支障がでるような投資は避けたいものです。

どのくらいの金額を、どんな金融商品に配分するかは、このサイトのポートフォリオとはが、参考になるかと思います。

運用期間

投資の目的や自分の年令を考えて、どのくらいの期間、投資信託を継続できるか計算しましょう。

投信は、短期的に収益を目指すのには、不向きな金融商品です。
最低でも5年以上、できれば10年から20年のスパンで、運用を考えておくと、それだけ大きな収益を得る可能性が高くなります。

特に、定年退職までの年数を計算して、余裕のある老後を考えている場合には、この運用期間を意識した、投資方法が必要になってきます。


投資信託を購入するときはまず最初に、
1.投資目的 2.投資金額 3.運用期間を明確にすることが必要





<投資信託を選ぶ 一覧>
・投資目標を明確に
投資信託の目論見書(もくろみしょ)
投資信託の評価機関
投資信託のチェックポイント
投資信託の運用報告書
投資信託は手数料チェックが大切
投資信託ニュース
投資信託の基本
投資信託のメリット|リスク
投資信託の種類
投資信託を選ぶ
投資信託を買う
投資信託を売る
主なネット証券
投資信託の情報源
投資信託Q&A
サイトマップ
Copyrights(c) 2008 投資信託116 All Rights Reserved