投資信託116

投資信託は手数料チェックが大切

投資信託116投資信託を選ぶ>投資信託は手数料チェックが大切




投資信託を購入する目的は何でしょうか?
もちろん、資産を上手に運用して、増やすことにあります。

では、投資信託で資産をできるだけ増やすのに、一番大きく影響するものというと・・・?
それは、ズバリ手数料なのです。

投信の手数料は、純資産総額や基準価格の数%となっています。
数%と聞くと、たいしたことがないように思えますが、長期的に見ると、わずかな手数料の違いでも、後々大きな差になってきます。

そこで実際に、どれだけの差になってくるのか、具体的に例を取り上げてみてみましょう。

手数料の違いによる運用益の実例

投資信託の主な手数料は、販売手数料、信託報酬、信託財産留保額の3つがあります。中でも信託報酬は、投信を保有している間はずっと発生するので、特にシビアに確認してほしい手数料です。

ここでは、信託報酬が年0.7%と2.0%のときの、運用益を比較してみました。(わかりやすいように、他の手数料の計算は除きます。)

分配金を償還時に一括で受取る(無分配型)タイプで、運用利回りは共に年率7%、分配金は再投資し1年複利で運用するとします。

◇信託報酬が0.7%のとき
7%−0.7%=6.3% →実際の利回り
   ▼
元金と運用益の合計は15年間保有すると 250%、20年で339%になります。

◇信託報酬が2.0%のとき
7%−2.0%=5.0% →実際の利回り
   ▼
元金と運用益の合計は15年間保有すると 208%、20年で265%になります。

その差は15年で、250%−208%=42%
20年で、339%−265%=74%
の差になります。

仮に1000万円で投資信託を一括購入して、それから15年後には420万円、20年後には740万円もの運用益の差になります。

たとえ、運用利回りが同じであっても、信託報酬がわずか1.3%違うだけで、これだけ違ってくるのです。ちょっと、ビックリするような違いではありませんか?

もし、他の手数料(販売手数料や信託財産留保額)でも違いがあれば、もっと大きな差になります。

ですから、投信を購入するときは、トータルで一体いくら手数料がかかるのかを、かなり正確に計算しておく必要があります。


・長期的に見ると、わずかな手数料の違いで、受取る利益は大きく変わる
・特に、保有している間ずっとかかってくる信託報酬は要チェック!!!





<投資信託を選ぶ 一覧>
投資目標を明確に
投資信託の目論見書(もくろみしょ)
投資信託の評価機関
投資信託のチェックポイント
投資信託の運用報告書
・投資信託は手数料チェックが大切
投資信託ニュース
投資信託の基本
投資信託のメリット|リスク
投資信託の種類
投資信託を選ぶ
投資信託を買う
投資信託を売る
主なネット証券
投資信託の情報源
投資信託Q&A
サイトマップ
Copyrights(c) 2008 投資信託116 All Rights Reserved