投資信託116

投資信託を売却したときの利益

投資信託116投資信託を売る>投資信託を売却したときの利益




投資信託を売却すると、手数料と収益に対する税金が差し引かれます。
ここでは、売却したら一体どれくらいの利益になるのかを、具体例を上げて計算してみます。

投資信託を売買したときの条件

◇購入時
・株式投信を100口購入
・購入価格(基準価格)は、1口 1万円
・販売手数料は基準価格の2%
・信託報酬は年 1%

◇売却時(解約請求)
・購入してから、ちょうど3年後に中途売却
・基準価格は1口 1万2500円に上昇
・信託財産保留額は売却代金の0.5%

売却利益の計算

利益は、次の式で計算できます。
基準価格の差額−(税額+手数料)=利益

1)基準価格の差額
 (1万2500円−1万円)×100口=25万円

2)税額
 25万円×10%=2万5000円
 *ただし、2009年1月からは、税率が変更になります。

3)手数料
 ・販売手数料(購入時に1回のみ)
 1万円×2%×100口=2万円

・信託報酬(保有期間中)
 1万2500円×1%×3年×100口=3万7500円
 *信託報酬は、その時の純資産総額にかかりますので、正確には、
   もう少し安くなります。

・信託財産留保額(売却時に1回のみ)
 1万2500円×0.5%×100口=6250万円

以上を計算すると、
25万円−(2万5000円+2万円+3万7500円+6250円)=16万1250円
が、売却したときの利益になります。

投資信託のトータルの収益

上記の16万1250円の他に、投資信託の運用による分配金もあります。
よって、16万1250円+(分配金−分配金の税額−手数料)が、投信のトータルの利益になります。

もちろん、これは運用成績が順調で、基準価格が上昇し、分配金をもらえるときのケースです。

(なお、ここでは販売手数料、信託報酬、信託財産留保額以外の手数料は、計算に入れていません。)


投資信託を売却したときの利益は、
(投信の基準価格の差額+分配金)−(税金+手数料)





<投資信託を売る 一覧>
投資信託の売却方法
投資信託の売却代金の受取り
投資信託の売却のタイミング
株式投信の税金
投資信託のクローズド期間
投資信託の売却時の手数料
公社債投信の税金
・投資信託を売却したときの利益
投資信託ニュース
投資信託の基本
投資信託のメリット|リスク
投資信託の種類
投資信託を選ぶ
投資信託を買う
投資信託を売る
主なネット証券
投資信託の情報源
投資信託Q&A
サイトマップ
Copyrights(c) 2008 投資信託116 All Rights Reserved