投資信託116

Q1:運用成績が悪い投信は、すぐ・・・

投資信託116投資信託Q&A>投資信託 Q1




Q1:運用成績が悪い投信は、すぐ売った方がいいですか?

A1:
一口に運用成績が悪いといっても、これには大きく分けて次の2つのケースがあります。

◆今まで運用成績が良かったのに、一時的に悪くなった場合
投資信託は、長期間運用することで、収益を得る金融商品です。

1年〜数年のスパンでみると運用成績が悪くても、5〜10数年以上の平均でみると、年6〜8%の利回りを、確保している投信が多くなっています。
ですから、短期間の下落に惑わされることなく、長期的な運用を心がけましょう。

特に、以前は運用成績が良かった投資信託であれば、数年後には元の利回りに戻る可能性が大きいといえます。

◆運用成績が継続して悪い場合
投資信託が販売されてから、継続して他の投信よりも運用成績が悪い場合は、なるべく早く売って、他の投信に乗り換えるのが得策です。

特に、元本割れかそれに近い状態で売るのは、なかなか決断できませんが、早めに損を確定して手数料の安い投信を買った方が、結果的には損を最小限にくい止めることができます。

他の投信に乗り換えるとき、特に次の2点については注意しましょう。

1)手数料
主な手数料には、販売手数料、信託報酬、信託財産留保額があります。
販売手数料と信託財産留保額は、売買のときにそれぞれ1回だけかかってきますが、信託報酬は投信を保有している間は、ずっとかかってきます。

手数料の中でもこの信託報酬が、どれくらいになるのかは、とても重要になってきます。目安としては、純資産総額の1%以下がおすすめで、1%を超えるものは、避けるようにしたいものです。
詳細については、手数料(コスト)|リスク3をご覧ください。

2)分配金
分配金を投資信託の償還時に、一括で受取る「無分配型」が一番おすすめです。
無分配型は、投信の運用益を再び再投資することによって、複利効果が働き、その結果受取る収益も大きくなります。

また、投信の収益に課税される税金も、最後に一括で支払うことになり、税金の繰り延べ効果もあります。

その逆に、毎月分配型の投信では、分配金を受取るたびに手数料と税金が差し引かれるために、複利効果と税金の繰り延べ効果の、両方のメリットがなくなります。

毎月分配型の投信を利用するのは、年金の不足分を補う方以外には、不向きな投信といえます。
詳細については、毎月分配型の投信をご覧ください。





<投資信託Q&A一覧>
・Q1:運用成績が悪い投信は、すぐ売った方がいいですか?
Q2:投信は元本割れすることがありますか?
Q3:投信の価格は、最大でどれくらい変動しますか?
Q4:どんな投資信託が儲かるのですか?
Q5:初めて投資信託を買う時は、どんな投信から始めるとよいですか?
Q6:あまりお金がなくても、投信を始められますか?
Q7:定期預金が満期になったので、投信を一括で買いたいのですが?
Q8:初めて投信を買うので、窓口の人にアドバイスを受けたいのですが?
Q9:インターネットで、投資信託を買うのは心配なのですが?
Q10:中小の証券会社で、投信を買うと安全性が心配なのですが?

Q11:投信を長期保有するときに、重要なことはなんですか?
Q12:投資信託を買うと、いろいろ手数料がかかると聞きましたが?
Q13:投資信託の複利効果とはどんなことですか?
Q14:別々の金融機関で買った投信を、1つにまとめることができますか?
Q15:毎月分配型の投信が魅力なのですが?
Q16:公社債投信と株式投信はどちらが有利ですか?
Q17:新興国の株式投信は、大きく値上がりするといわれていますが?
Q18:外国投信と国内投信の違いは何ですか?
Q19:相場が下落しているときは、投信を買わない方がいいですか?
Q20:投資信託を買った後は、どうすればいいのですか?

Q21:持っている投信が、儲かっているのかわからないのですが?
Q22:いつ投資信託を売ったらいいのですか?
Q23:投資信託の運用は、いつ頃から始めるといいですか?
Q24:FXがかなり儲かると聞きましたが?
Q25:今持っている投信の他に、REITも買いたいのですが?
Q26:外国型投信では「為替ヘッジあり」の方が有利ですか?
Q27:新しく販売された、儲かりそうな投信があるのですが?
投資信託ニュース
投資信託の基本
投資信託のメリット|リスク
投資信託の種類
投資信託を選ぶ
投資信託を買う
投資信託を売る
主なネット証券
投資信託の情報源
投資信託Q&A
サイトマップ
Copyrights(c) 2008 投資信託116 All Rights Reserved