投資信託116

Q16:公社債投信と株式投信は・・・

投資信託116投資信託Q&A>投資信託 Q16




Q16:公社債投信と株式投信はどちらが有利ですか?

A16:
どちらが有利であるかは、はっきりいえません。
むしろ、公社債投信と株式投信の両方のバランスを考えて、保有することの方が大切です。

公社債投信は、国債や社債に投資するため、価格の変動が少なくローリスクローリターンの商品です。一方、株式投信は株式に投資するため、変動幅も大きくハイリスクハイリターンの商品です。

つまり、どちらも一長一短があるため、両方を保有することによって、価格変動のリスクを小さくすることができるわけです。

投資信託は、長期的に保有して安定的な収益を目指す金融商品であることを考えると、できるだけ資金を分散して投資することが重要です。

また、公社債と株式は一般的に、

・株価が上昇傾向→債券が下降傾向
・株価が下落傾向→債券が上昇傾向

のように、逆の値動きをするケースが多くなっています。

株式市場が低迷して、株式投信の価格が下がっても、公社債投信が上昇して、株式投信の下落分を、ある程度カバーしてくれることになるわけです。


公社債(債券)の価格変動の大きな原因には、市場金利があります。
金利が上がると債権価格は下がり、金利が下がると債券価格が上がります。

例えば、利回りが2%の債券を持っていたときに、市場金利が上昇して利回り3%や4%の金融商品が、登場したらどうでしょうか?

もちろん、持っている債券を売って、利回りの良い金融商品を買うようになります。そうすると、債券の価格が下がるわけです。

逆に、市場金利が下落して、1%の金融商品が多くなったら、持っている債券の購入希望者が増えて、その結果、債券の価格は上がることになります。





<投資信託Q&A一覧>
Q1:運用成績が悪い投信は、すぐ売った方がいいですか?
Q2:投信は元本割れすることがありますか?
Q3:投信の価格は、最大でどれくらい変動しますか?
Q4:どんな投資信託が儲かるのですか?
Q5:初めて投資信託を買う時は、どんな投信から始めるとよいですか?
Q6:あまりお金がなくても、投信を始められますか?
Q7:定期預金が満期になったので、投信を一括で買いたいのですが?
Q8:初めて投信を買うので、窓口の人にアドバイスを受けたいのですが?
Q9:インターネットで、投資信託を買うのは心配なのですが?
Q10:中小の証券会社で、投信を買うと安全性が心配なのですが?

Q11:投信を長期保有するときに、重要なことはなんですか?
Q12:投資信託を買うと、いろいろ手数料がかかると聞きましたが?
Q13:投資信託の複利効果とはどんなことですか?
Q14:別々の金融機関で買った投信を、1つにまとめることができますか?
Q15:毎月分配型の投信が魅力なのですが?
・Q16:公社債投信と株式投信はどちらが有利ですか?
Q17:新興国の株式投信は、大きく値上がりするといわれていますが?
Q18:外国投信と国内投信の違いは何ですか?
Q19:相場が下落しているときは、投信を買わない方がいいですか?
Q20:投資信託を買った後は、どうすればいいのですか?

Q21:持っている投信が、儲かっているのかわからないのですが?
Q22:いつ投資信託を売ったらいいのですか?
Q23:投資信託の運用は、いつ頃から始めるといいですか?
Q24:FXがかなり儲かると聞きましたが?
Q25:今持っている投信の他に、REITも買いたいのですが?
Q26:外国型投信では「為替ヘッジあり」の方が有利ですか?
Q27:新しく販売された、儲かりそうな投信があるのですが?
投資信託ニュース
投資信託の基本
投資信託のメリット|リスク
投資信託の種類
投資信託を選ぶ
投資信託を買う
投資信託を売る
主なネット証券
投資信託の情報源
投資信託Q&A
サイトマップ
Copyrights(c) 2008 投資信託116 All Rights Reserved