投資信託116

Q23:投資信託の運用は、いつ頃から・・・

投資信託116投資信託Q&A>投資信託 Q23




Q23:投資信託の運用は、いつ頃から始めるといいですか?

A23:
できるだけ、早く始めることをおすすめします。
投資信託で資産を運用する場合は、早ければ早いほどリスクをおさえることができ、収益も多く受取ることができます。

例えば、次のように5年ごとに1万円ずつ、投資信託の積立額を増やしていって、運用利回りが年間 7%だった場合を比較すると、下表のようになります。
(分配金は、1年複利で計算し最後に一括で受取り)

 ・25才〜30才・・・毎月1万円積立(年間 12万円)
 ・30才〜35才・・・毎月2万円積立(年間 24万円)
 ・35才〜40才・・・毎月3万円積立(年間 36万円)
 ・40才〜45才・・・毎月4万円積立(年間 48万円)
 ・45才〜50才・・・毎月5万円積立(年間 60万円)
 ・50才〜55才・・・毎月6万円積立(年間 72万円)
 ・55才〜60才・・・毎月7万円積立(年間 84万円)

積立期間 積立合計期間 元本
(積立合計額)
元本+運用益
25才〜60才
毎月 1万円からスタート
35年間 1680万円 約4738万円

元本の2.82倍
30才〜60才
毎月 2万円からスタート
30年間 1620万円 約4180万円

元本の2.58倍
35才〜60才
毎月 3万円からスタート
25年間 1500万円 約3420万円

元本の2.28倍
40才〜60才
毎月 4万円からスタート
20年間 1320万円 約2588万円

元本の1.96倍
45才〜60才
毎月 5万円からスタート
15年間 1080万円 約1804万円

元本の1.67倍

この表で比較すると、25才〜60才の35年間に積立てた場合と、45才〜60才の15年間に積立てた場合の、元本(積立合計額)は、
1680万円−1080万円=600万円の違いです。

しかし、元本(積立合計額)+運用益の違いは、
4738万円−1804万円=2934万円もの差になります。

いかに早く投資信託の運用を、始めた方が有利になるか、おわかりになるのではないでしょうか。

投資信託はこのように、初めは小額であっても、それを長く継続すればするほど、複利効果が働いてきます。上表のような金額であれば、ボーナスや給料の昇給分を、投資信託以外の金融商品で運用することも可能になります。

投資信託を始めるときは、このように無理なく継続できるように、まず最初にルールを決めておくのも1つの方法です。





<投資信託Q&A一覧>
Q1:運用成績が悪い投信は、すぐ売った方がいいですか?
Q2:投信は元本割れすることがありますか?
Q3:投信の価格は、最大でどれくらい変動しますか?
Q4:どんな投資信託が儲かるのですか?
Q5:初めて投資信託を買う時は、どんな投信から始めるとよいですか?
Q6:あまりお金がなくても、投信を始められますか?
Q7:定期預金が満期になったので、投信を一括で買いたいのですが?
Q8:初めて投信を買うので、窓口の人にアドバイスを受けたいのですが?
Q9:インターネットで、投資信託を買うのは心配なのですが?
Q10:中小の証券会社で、投信を買うと安全性が心配なのですが?

Q11:投信を長期保有するときに、重要なことはなんですか?
Q12:投資信託を買うと、いろいろ手数料がかかると聞きましたが?
Q13:投資信託の複利効果とはどんなことですか?
Q14:別々の金融機関で買った投信を、1つにまとめることができますか?
Q15:毎月分配型の投信が魅力なのですが?
Q16:公社債投信と株式投信はどちらが有利ですか?
Q17:新興国の株式投信は、大きく値上がりするといわれていますが?
Q18:外国投信と国内投信の違いは何ですか?
Q19:相場が下落しているときは、投信を買わない方がいいですか?
Q20:投資信託を買った後は、どうすればいいのですか?

Q21:持っている投信が、儲かっているのかわからないのですが?
Q22:いつ投資信託を売ったらいいのですか?
・Q23:投資信託の運用は、いつ頃から始めるといいですか?
Q24:FXがかなり儲かると聞きましたが?
Q25:今持っている投信の他に、REITも買いたいのですが?
Q26:外国型投信では「為替ヘッジあり」の方が有利ですか?
Q27:新しく販売された、儲かりそうな投信があるのですが?
投資信託ニュース
投資信託の基本
投資信託のメリット|リスク
投資信託の種類
投資信託を選ぶ
投資信託を買う
投資信託を売る
主なネット証券
投資信託の情報源
投資信託Q&A
サイトマップ
Copyrights(c) 2008 投資信託116 All Rights Reserved