投資信託116

Q8:初めて投信を買うので、窓口の人に・・・

投資信託116投資信託Q&A>投資信託 Q8




Q8:初めて投信を買うので、窓口の人にアドバイスを受けたいのですが?

A8:
投資信託の疑問やわからない事があったら、おおいに窓口の担当者に協力してもらいましょう。初めて投信を買うときは、何かと不安になることが多いもので、担当者のアドバイスがいろいろ役立つはずです。

しかし、最終的に投資信託の購入を決めるときは、あくまで自分の判断ですべきです。

証券会社や銀行の窓口で相談していると、担当者から「おすすめ商品」を、紹介されることが多くなるはずです。

「今、キャンペーンで手数料がお安くなっています。」とか、
「新しく販売されて、将来有望な投資信託です。」などというように。

でも、考えてみてください。
窓口の担当者は、証券会社や銀行の社員であることを。

社員であるからには、その会社で販売に力を入れている投資信託や、会社の利益になる投資信託を、お客さんにすすめるがごく自然のことです。

本当にお客さんの立場になって、投信を選んでくれる担当者は少ないといえます。これは、窓口の担当者が信用できないというのではなく、立場上どうしても会社側の事情を優先してしまうのは、仕方のないことです。

また、一般に販売されている投資信託は約3000本ありますが、それぞれの金融機関によって、取扱っている投信には限りがあることも、忘れてはいけません。

たとえ、運用成績の良いものであっても、自社で扱っていない投信であれば、当然、お客さんにすすめることはありません。

このように窓口の担当者にも、それぞれの事情がありますので、投資信託の基本的な手続きや疑問点のアドバイスには、素直に耳を傾けるのは問題ありません。

しかし、どの投信を購入するかのアドバイスについては、あくまで参考意見としてとらえましょう。


投信を選ぶにあたり、専門家のアドバイスを受ける場合は、次の2つを利用するとよいでしょう。

1)独立系の証券会社や投資コンサルタント
特定の運用会社と提携、あるいは関連会社でない証券会社や投資コンサルタントであれば、販売側の事情に左右されることはありません。

*運用会社は、投資信託の具体的な運用方法を指示する会社で、金融機関のグループ会社になっている場合が多い。

2)ファイナンシャルプランナー(FP)
特定の金融機関に属さず、専業で資産運用のアドバイスを行っているFPであれば、公平な立場で相談にのってくれます。

*専業といっても、いくつかの金融機関と提携しているFPの人もいますので、ご注意ください。

なお、いずれの場合もアドバイスを受けるには、相談料や手数料が必要になりますので。





<投資信託Q&A一覧>
Q1:運用成績が悪い投信は、すぐ売った方がいいですか?
Q2:投信は元本割れすることがありますか?
Q3:投信の価格は、最大でどれくらい変動しますか?
Q4:どんな投資信託が儲かるのですか?
Q5:初めて投資信託を買う時は、どんな投信から始めるとよいですか?
Q6:あまりお金がなくても、投信を始められますか?
Q7:定期預金が満期になったので、投信を一括で買いたいのですが?
・Q8:初めて投信を買うので、窓口の人にアドバイスを受けたいのですが?
Q9:インターネットで、投資信託を買うのは心配なのですが?
Q10:中小の証券会社で、投信を買うと安全性が心配なのですが?

Q11:投信を長期保有するときに、重要なことはなんですか?
Q12:投資信託を買うと、いろいろ手数料がかかると聞きましたが?
Q13:投資信託の複利効果とはどんなことですか?
Q14:別々の金融機関で買った投信を、1つにまとめることができますか?
Q15:毎月分配型の投信が魅力なのですが?
Q16:公社債投信と株式投信はどちらが有利ですか?
Q17:新興国の株式投信は、大きく値上がりするといわれていますが?
Q18:外国投信と国内投信の違いは何ですか?
Q19:相場が下落しているときは、投信を買わない方がいいですか?
Q20:投資信託を買った後は、どうすればいいのですか?

Q21:持っている投信が、儲かっているのかわからないのですが?
Q22:いつ投資信託を売ったらいいのですか?
Q23:投資信託の運用は、いつ頃から始めるといいですか?
Q24:FXがかなり儲かると聞きましたが?
Q25:今持っている投信の他に、REITも買いたいのですが?
Q26:外国型投信では「為替ヘッジあり」の方が有利ですか?
Q27:新しく販売された、儲かりそうな投信があるのですが?
投資信託ニュース
投資信託の基本
投資信託のメリット|リスク
投資信託の種類
投資信託を選ぶ
投資信託を買う
投資信託を売る
主なネット証券
投資信託の情報源
投資信託Q&A
サイトマップ
Copyrights(c) 2008 投資信託116 All Rights Reserved