洗い物を少なくするために、道具を便利に使いましょう

後もう一品!に便利

電子レンジ対応タッパー

電子レンジに対応しているタッパーはとても便利です。
中に何が入っているか目で見ることが出来ますので、食べ忘れの心配もありません。温める時に、蓋を少しずらすことは忘れないでくださいね。中で空気が膨張して蓋が飛んでしまいます。
タッパーを買う時は同じ会社の同じシリーズの物を買うと、収納に便利です。違う会社の物を買ってしまうと重ねて収納をすることが出来ず、キッチンのごちゃごちゃの原因に。
また、中身は見えませんが陶器の器に保存用のふたがついている保存容器もとても便利です。
蓋をずらして温めた後、そのまま食卓に出せるので盛り付けの手間が省けますね。
あまったものを保存できるように、冷蔵庫や冷凍庫にはいつもその分のスペースがあるように整理をしておきましょう。

食品保存袋

カレーやシチューなどのお料理が余ってしまった時。特にカレーはついついリメイクと言えど、そのお家なりのカレーからの変化がマンネリ化していてちょっと飽きてしまうかも、なんてことはありませんか?
カレーなどのちょっとどろっとしたものは、食品保存袋に入れて冷凍庫で保存してしまいましょう。カレーを入れて平たくし冷凍してしまえば、冷凍庫の中で邪魔にもなりません。解凍する時は、空気の逃げ道を作ってお皿に入れてレンジでチンで大丈夫です。万が一保存袋に穴が開いている場合を想定して、湯せんはあまりおすすめできません。
また、下ごしらえの物を入れて保存するのにも便利ですね。
カット済みの野菜や一口大に切った鶏肉、それぞれ調理しやすいように切って入れておけば調理の際の時短にもなり効率よくお料理が出来ます。
是非、ついでついで家事で未来の台所仕事を楽にしていきましょう!